【野菜保存】きのこやパプリカの干し野菜に初挑戦!

あなたらしい暮らしをご提案する
整理収納アドバイザー・防災備蓄収納マスタープランナー増田もとこです。

長期保存

もしもの災害に備えた防災備蓄

災害時でもできるだけ
栄養バランスが良い食事をとりたい!

そこで、長期保存できる
干し野菜に挑戦してみました(*^^)v

干し野菜のメリット

  • うまみが凝縮
  • 日持ちが良い
  • 切って干すだけ(簡単)
  • 野菜を無駄なく使える(節約)
  • お金がかからない(ザル・乾燥剤は別です)

干し野菜のコツ

  • 日の当たる風通しの良い場所(室内OK)
  • 水分はしっかりとる
  • 長期保存したい場合しっかり干す

準備するもの

  • ざる(梅干し用)
  • 消毒
  • 野菜

※年3日だけ使う梅干し用のザル。
もったいないですよね。
これからは大活躍できるかな?

  • 乾燥材(ダイソー)
  • 容器又は保存袋

※乾燥材の色が変わったら、電子レンジで再生することができるそうです!

(再生回数:約10回)

作り方

①野菜を切ります。

②ざるを消毒します。

③重ならないように並べます。

④日の当たる、風通しの良い場所へ干します。

※我が家は、日の当たる室内で干しました🎵

ゴボウも途中で追加(1日経過)

⑤2日経過

⑥2日半干しました☆彡

⑦乾燥剤を入れて袋詰め
完成(^^♪
上手にできました。

失敗談

パプリカを細く切りすぎて
くっついてしまいました(;^ω^)

取るのが大変だ💦

注意点

キノコ類は、生食すると食中毒や皮膚炎になる場合があるそうです。
生食は危険なので、しっかりと火を通していただくようご注意ください。
また、その他の野菜に関しても、環境によりカビが発生する場合もあります。
当ブログで紹介しているものは、 弊社では一切責任を負いかねますので、
くれぐれも自己責任でお試しください。

まとめ

初めての干し野菜。

雨の日、室内干しという条件でしたが、
カビも生えず、問題なくできました(^^♪

しっかり干せば1カ月持つそうなので、
野菜が無駄になりませんね。

そして、野菜を切ってのせるだけなので、
無理なく続けていけそうです。

キノコ類は、手で割いて載せるだけなので
お子様と楽しく作れそうですね。

ぜひ、この機会にお試しください(*^^)v

商品情報

コンパクトで3段になっている干し網もあります👇

網がついてるものもあります

講座情報

🔶防災備蓄収納2級プランナー認定資格講座
https://arrange-lab.com/course/bousai2/
 
2020年4月16日(木)
10:10~17:10(昼休憩含む)
イオンモールりんくう泉南店(JEUGIAカルチャーセンター)
072-480-4710
 
2020年4月25日(土)
10:00~17:00(昼休憩含む)
和歌山リビングカルチャー倶楽部 フォルテ教室
073-421-4411


アレンジ収納ラボでは、防災や整理収納、講座情報と和歌山の魅力を発信しています。更新は、SNSでお知らせしています。フォローお待ちしております。

Twitter
https://twitter.com/arrangelab

Facebook
https://www.facebook.com/arrange.lab/

Instagram
https://www.instagram.com/arrange.lab/

タイトルとURLをコピーしました