【活動記録】京都大学防災研究所公開講座[第31回]「災害を事前に管理する」和歌山開催に行ってきました。

防災も考えたあなたらしい暮らしをご提案する
アレンジ収納ラボの増田もとこです。

濱口梧陵翁生誕200年記念

稲村の火で、大勢の命を救った
「濱口梧陵翁生誕200年記念」として、
京都大学防災研究所様・和歌山県が共催された

第31回公開講座
「災害を事前に管理する」
和歌山を襲う大地震にどう向き合うか

を受講してきました。

新型コロナ感染が拡大してからは、
イベントへ参加を自粛していましたが、
参加人数の制限、体温チェック、マスク着用、
消毒等感染予防対策を徹底してくれていたため
安心して参加することができました。

会場

場所は、和歌山県民文化会館です。

講座内容

朝の10時から夕方5時30分までの長丁場ですが、
間隔をあけて座れたため、集中することができました。

各講座50分×6本+質問コーナー

防災でもスロー地震や3次解析による津波シュミレーション、
土砂災害の危険な場所、対策、町の復興まで、
専門的なお話を各教授からお聞きすることができました↓

伊藤 喜宏准教授
「南海トラフ巨大地震―その地震像と予測可能性」

関口 春子准教授
「南海トラフ巨大地震―揺れの予測とその活用」

米山 望准教授
「南海トラフ巨大地震に伴う津波複合災害の数値シミュレーション」

藤田 正治教授
「地震時および地震後の土砂災害に備える」

畑山 満則教授
「危機管理の視点からみる南海トラフ巨大地震への備え」

牧 紀男教授
「南海トラフ地震災害からの復興を考える―東日本大震災の教訓と和歌山県での取り組み」

印象に残ったこと

専門的なお話なので、難しいお話も
ありましたが、一番印象に残ったのは、

畑山 満則教授の
「正しく恐れるとは?」

正当にこわがることは難しい。
そして、
色々な情報を読み解いて、
状況、条件に適した行動をとれるようになること

そのためには、
みんなで取り組まないといけない。
という事でした。

やみくもに怖がらず、情報を精査し
様々な視点で考えることが
大切であると学びました。

おわりに

久しぶりのイベント参加、
頭をフル回転した一日だったので
帰ってきたらバターン!キューでしたが、
自分に落とし込めるように
見直しておきたいと思います。

お知らせ

アレンジ収納ラボでは、全国のご自宅からご受講いただける
「防災ファイリング講座」「防災リュック講座」
をオンラインで開催しています。詳細はこちらから👇

 

おすすめグッズを「わたしのROOM」で紹介しています。
防災リュック講座では、感想もお伝えしています。

新築・リフォーム等の収納相談を受け付けております。
全国どこからでもご相談いただけますので、
お気軽にお問合せください(^^♪


アレンジ収納ラボでは、防災や整理収納、講座情報、和歌山の魅力を発信しています。
ブログの更新はSNSでお知らせしています。
良かったらフォローして下さると嬉しいです💓

Twitter
https://twitter.com/arrangelab

Facebook
https://www.facebook.com/arrange.lab/

Instagram
https://www.instagram.com/arrange.lab/

タイトルとURLをコピーしました