メニュー

NHKにシリーズで出演しました。

掲載していただきました。

開催報告

令和6年能登半島地震防災チャリティーセミナー

お茶会

和歌山市

講座

オンライン

モニター募集

カテゴリー
友だち追加
ホームページをリニューアルしました。

【整理収納】我が家のお薬収納ポイントを3つご紹介します!

目次

はじめに

おはようございます(*^-^*)
久しぶりに整理収納のお話です(*^^)v

今回は、探すことなくすぐに取り出したい
「お薬収納」についてお届けします。

お薬と一言でいっても、

  • 頭痛の時に飲む「痛み止め」
  • 虫に刺された時の「塗り薬」
  • 傷の手当に使用する「消毒」

など、様々な用途がありますよね。

それぞれ緊急度は違いますが、
出来るだけ早く目的の薬を取り出せるのが理想ではないでしょうか?

そこで、我が家が実践している
お薬収納のポイントを3つご紹介します。

3つのポイント

  • 分類
  • グルーピング
  • 収納用品

もう少し詳しくお話していきます。

ポイント① 分類

ポイント1つ目が、用途別に分ける(分類する)

我が家は、このような分類にしています。

  • 風邪薬などの「内服薬」
  • 湿布や軟膏などの「外用薬」
  • 傷の手当に使用する「救急セット」

ポイント② グルーピング

ポイント2つ目は、グルーピングです。

応急セットの場合

怪我をした時に必要なモノをまとめています。

我が家の救急セット
  • 消毒液
  • コットン
  • 綿棒
  • ティッシュ
  • 絆創膏
  • 包帯
  • テープ
  • ガーゼ
  • 手ぬぐい
  • ピンセット
  • ハサミ
  • マジック
  • 懐中電灯

ごみ袋

使用済みコットンや綿棒などを捨てられるようにゴミ袋をグループング

虫眼鏡

指にトゲが刺さった時に、拡大して見れるように、ピンセットをグループング

ポイント③ 収納用品

そしてポイント3つ目が、収納用品です。

すぐに持ち出して怪我の手当ができるように、取っ手付きのケースに収納しているのでとても使いやすいです。

まとめ

今日は、お薬収納についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

体調が悪い時やケガをしたときに使うお薬。普段よりモノを探すのも大変になります。ぜひ、ブログを参考にご自身の家庭に合わせた収納を見直してみてくださいね。

お知らせ

ここからは、お知らせです。

アレンジ収納ラボでは、家事をらくにする収納・安心して暮らすための防災・新築・リフォーム時の収納と防災のアドバイスや講座を開催しています。全国のご自宅からもオンラインでご相談いただけます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

講座・イベント・キャンペーンはこちら

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

増田もとこのアバター 増田もとこ アレンジ収納ラボ 代表

らくらく家事とあんしん防災の収納アドバイザー
「アレンジ収納ラボ」 代表 増田もとこ

家事をらくにする収納・新築時の収納と防災アドバイス│防災士(満点合格)│NHK 防災コーナー担当「収納×防災」シリーズで出演|その他メディア多数出演|全国オンライン対応|和歌山市在中

目次