【レポート】和歌山市の断水計画。体験からの学び②

防災も考えたあなたらしい暮らしをご提案する
アレンジ収納ラボの増田もとこです。

和歌山市の状況

前回のお話はいかがでしたか?
今回は、断水計画中、私が感じた和歌山の状況をレポートします。
前回はこちら👇

【レポート】和歌山市の断水計画。体験からの学び①
はじめに和歌山市、 花山交差点内の水道管の修繕工事に伴う断水に伴う準備を終えてこの度は...

スーパーから水・ポリタンクが消える!

断水計画が発表された1時間後には、
お店から、お水やポリタンクが消えていきます。

和歌山市だけでなく、
岩出市、紀の川市、海南市まで影響があったそうです。

必ず、水を備蓄する❕

年齢によって違う

20~80代の方々とお話する機会がありました。
※あくまでも私の感想です👇

20~60代

危機感を持ち、戸惑いながらも、
SNSで情報収集し、積極的に準備をされているように感じました。

60~70代

『自分は大丈夫』正常性バイアスが働き、
備蓄されていない方が多いように感じました。

70代以降

断水計画を直前に知った方や、
トイレの流し方がわからない方もいらっしゃいました。

男性と女性によって違う

比較的、女性の方が断水に不安を感じ、
早めに準備をされているようでした。

年齢、性別によって伝わり方や準備が違う。
高齢者、小さなお子様がいらっしゃる方には、
声がけ共助の取り組みが大切

観光客の方、土地勘のない方

  • 何が起こってるの?
  • 地名がわからない
  • ここは断水予定地域?
  • 給水場所ってどこ?

言葉の壁や土地勘がなく、不安になられていたそうです。

声がけ、マップを使った張り紙、多言語での情報発信が必要

学び

水の準備だけでも、年齢や性別によって
こんなにも違いがあることに驚きました。

地震の場合は、時間に余裕がありません。

日頃から、一人一人が備蓄すること
声掛け、助け合いが大切だと改めて感じました。

長くなりましたので、ここまで・・・
次回のレポートもお楽しみに~

【防災準備】19日から4日間。和歌山市で断水。今できる断水前の準備について
情報を更新しています。更新日時:2020/01/20 6:35和歌山市、断水対象地区のみなさま...

アレンジ収納ラボでは、防災や整理収納、講座情報、和歌山の魅力を発信しています。
ブログの更新はSNSでお知らせしています。
良かったらフォローして下さると嬉しいです💓

Twitter
https://twitter.com/arrangelab

Facebook
https://www.facebook.com/arrange.lab/

Instagram
https://www.instagram.com/arrange.lab/

タイトルとURLをコピーしました