【レポート】和歌山市の断水計画。体験からの学び①

防災も考えたあなたらしい暮らしをご提案する
アレンジ収納ラボの増田もとこです。

はじめに

和歌山市、 花山交差点内の水道管の修繕工事に伴う断水に伴う準備を終えて

この度は、みなさまからの温かいお言葉、情報シェアや貴重なアドバイスをいただき、
本当にありがとうございました。

今回、断水準備を経験し多くの気づきがありました。
少しご紹介します。良かったら、今後の参考にしてくださいね!

【公式】
和歌山市企業局の公式サイト。水道をご利用のお客様情報、事業者様向け情報、企業局のご紹介、入札・契約情報など。キッズページでは企業局の仕事を学んだり、水道クイズを楽しめます。
【防災準備】19日から4日間。和歌山市で断水。今できる断水前の準備について
情報を更新しています。更新日時:2020/01/20 6:35和歌山市、断水対象地区のみなさま...

断水区域

2020/1/19 22:00~1/22 22:00(予定)
和歌山市の中心部を含む大規模な計画断水。

断水対象: 和歌山市の1/5のエリア
3万5000世帯、8万人

和歌山市企業局HPより抜粋 2020/1/17 20時時点

第一報

私が、断水計画を知ったのは、16日の夕方。
防災仲間が心配して連絡をくれたメッセージです。

すぐネットで情報を調べました。

  • どんな影響が出るのかな?
  • もっと情報が知りたい
  • どれが本当?

と、正しい情報を知りたいと思ったのが、率直な感想です。

はじめに知りたいのは「正しい情報」

人と人とのつながり

備蓄の準備をしていても、
期間が限られていても、
被災経験のない私は、少なからず不安がありました。

そんな時、

  • こんな情報があるよ
  • これは注意して
  • 何かできることある?
  • お水持っていこか!
  • お風呂に入りにくる?
  • 頑張れ💛

沢山の応援メッセージや、情報のシェア、
和歌山市の方だけでなく、多くの方々が様々な形で助けてくれました。

みんなの優しさが心強く、私の不安はあっという間に消えました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

学び

備蓄は、ハード面だけでなく、ソフト面も大切。
メッセージを見るだけでもその優しさが安心になる。

普段から、心の備蓄も大切だと改めて感じました。

地域コミュニケーション、
思いやりの気持ち
人と人のつながりが大切💛

安心するには、声、メッセージが聞ける、
連絡手段の準備をすることですよね!

今回は、電話もネットも繋がりましたが、
災害時は、携帯が繋がりにくくなります。

今は、キャッシュレス時代☆
ですが、連絡には10円玉が大切!
災害時でも連絡が取りあえるように👇


171の体験(毎月1日と15日体験可)&10円玉をお守り代わりに持ち歩きましょう!

以前、171について連載で掲載しています。ぜひ、参考してください

【防災情報】災害時に役立つ公衆電話 ーシリーズー

【防災情報】災害時に役立つ公衆電話《第1回》なぜ、スマホ時代に公衆電話が存在するのか?

【防災情報】災害時に役立つ公衆電話《第2回》絶対に覚えておきたい公衆電話の設置場所

【防災情報】災害時に役立つ公衆電話《第3回》知っておきたい公衆電話の種類

【防災情報】災害時に役立つ公衆電話《第4回》災害時でも慌てない公衆電話の使い方

【防災情報】災害時に役立つ公衆電話《最終回》災害用伝言ダイヤル(171)を体験しよう

おわり

今日は、長くなりましたのでここまで。

次回は、私が感じた、みんなの状況をレポートします。
お楽しみに!



アレンジ収納ラボでは、防災や整理収納、講座情報、和歌山の魅力を発信しています。
ブログの更新はSNSでお知らせしています。
良かったらフォローして下さると嬉しいです💓

Twitter
https://twitter.com/arrangelab

Facebook
https://www.facebook.com/arrange.lab/

Instagram
https://www.instagram.com/arrange.lab/

タイトルとURLをコピーしました